ニキビ跡ってなに?| Rumor Oficial

ニキビ跡とは、ニキビが治った跡にニキビができていたところに凹凸ができたり、茶色くシミのようになってしまったり、赤みをもった状態になってしまうことです。
ニキビ跡は思春期ニキビ、大人ニキビともに、ニキビの症状の進行具合により変わってきます。
ニキビの初期段階である白ニキビや黒ニキビの場合、毛穴に皮脂が詰まっているものの炎症を起こしていないのでニキビ跡にはなりにくく、ニキビも治りやすくなっています。
しかし、白ニキビや黒ニキビの症状が進行し、赤ニキビや黄色ニキビになってしまうと、毛穴の中で炎症が起きてしまっています。
この時、皮膚を守ろうとする免疫細胞とアクネ菌が毛穴の中で闘っていて、皮膚表面の表皮だけでなく、毛細血管も通る真皮にまでダメージが届いてしまうと毛穴の汚れや皮脂を取り除き、ニキビが無くなっても凹みが生じてしまい、クレーター状のニキビ跡になります。
また、ニキビが治った跡もニキビができていた時に毛細血管の周辺まで炎症が広がってしまった場合、血管を圧迫し血流を悪くしてしまいます。
これにより、ニキビができていたところが赤くなってしまうことがあります。
クレーターや赤いニキビ跡以外にも、茶色くシミのようになってしまうニキビ跡もあります。
これは皮膚を守るためにメラニンが生成されますが、ターンオーバーがうまく行われないためにメラニン色素が肌に残ったままになり、シミのようになってしまっている状態です。
ニキビ跡といっても様々な症状があります。
まずはニキビ跡にならないようにすることが大切ですが、できてしまった場合は、適切なケアをしていかなければずっとニキビ跡に悩まされることになります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>